ハリオv60で究極の美味しいコーヒー淹れてみよう!

投稿者 :Satsuki Lawson on

みなさんは、いつもコーヒーをどうやって飲んでいますか?

私が一番よく飲んでいるのは、ドリップコーヒーです。ドリッパーも色々ありますが、今日は、私が好んで使っている、ハリオv60を使った美味しいコーヒーの淹れ方を試していきたいと思います。


ハリオv60とは、ネルドリップに近い味わいになるようにと作られた、「淹れる人が味を作ることのできるドリッパー」だそうです。なんでも、素早く抽出するとスッキリと、ゆっくり抽出するとコク深い味になるそうで、なんとも興味深いドリッパーではないですか?

まず始めに、美味しいコーヒーを飲むためには、少し準備が必要です。そりゃ、そうです。美味しいコーヒーを飲むためには、準備くらいは惜しみません!(キリッ)
まず、最低限のものをリストにしてみました。グラインダーがなければ、コーヒーを買うときにコーヒー屋さんで挽いてもらってください。(ちなみに、Kamiyama Coffeeでは、豆でも粉でも購入できます。挽きたてを真空パックにしてるので、開けたてはいつでもフレッシュですよー。)揃えるのに、ちょっとかかりますが、これさえあれば美味しいコーヒーが飲み放題です。この中で一番高いのは、グラインダーですが、手動の小さいのだとお手頃ではないでしょうか?

1.ハリオv60ドリッパー
2・計量器(小さいものでよい)
3.ペーパーフィルター(V60用)
4.電気ケトル(電気が便利)
5.コーヒーサーバー
6.バーグラインダー(電動が便利だけど手動でも大丈夫です)
7.コーヒーカップ
8.コーヒー豆Kamiyama Coffeeを使ってくれたら嬉しい!)
9.沸騰したお湯
10.かき混ぜるためのスプーンまたはお箸

こんなのもあります。セットになってるので、ちょっと便利かも。v60ドリップデカンタセット(ドリッパー+コーヒーサーバー)

毎朝2杯はコーヒーを飲む私。小さなカップに1杯だけでは物足りないから、今回は、たっぷり1人分のコーヒーを淹れてみましょう。

コーヒー(粉)30g
沸騰したお湯 500ml

1.まずは、(年季の入った)ケトルに水を入れてスイッチオン。お湯を沸かします。

2.計量器の上にドリッパーをセットしたコーヒーサーバーをおき、フィルターもセット。

3.フィルターの上からお湯を注ぎ、洗い流す。(フィルターの紙の味を洗い流すことが目的。)
4.コーヒー豆30gを挽き、フィルターに入れる。
5.計量器をリセットして、沸騰したお湯を注ぎ、少し蒸らす。ガスを逃がすために、ポコポコいうのが収まるまで、コーヒーを少し眺めておきましょう。いい香りです。

6.最終的には、沸騰したお湯を500g入れます。何回かに分けて、バリスタになった気持ちでお湯を注ぎます。そのときに、均等に抽出するために、スプーンやお箸でちょっと混ぜるか、少しくるくるとドリッパーを揺らすと、最後まできれいに抽出できるそうです。



最後、お湯が落ちきったあとに、表面が平らになっていると大成功!フラットベッド、っていいます。(ちなみに、土手のように中がくぼんだ状態はハイ・アンド・ドライってよばれいて、抽出しきれてない状態。コーヒーのポテンシャルが引き出されていないかもしれません。薄めのコーヒーができますね。)


心なしか、いつもより美味しい究極のコーヒーができました!(今回は、2日前にローストしたグアテマラです。)

毎朝、目がまだ覚めていない、寝ぼけた状態でコーヒーを淹れることが多い私。毎回この通りにはできないかもしれませんが(笑)、これを基本にして、自分流の美味しいコーヒーを楽しみましょう!コーヒーは気負わず、リラックスして楽しめるものです。

ハリオさんも言ってたように、淹れ方によって味に違いが出るv60、その日の気分で楽しんでみてはいかがでしょうー?


ちなみに、今回参考にした動画は、こちら、「究極のv60テクニック(James Hoffmann:バリスタ世界チャンピオン)」、興味ある人はどうぞ。


この投稿をシェアする



← 投稿順


0件のコメント

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。